LOS ANGELES

ALAN SASAYAMA |管理ディレクター|カルチャー&エッセンス

Alan Sasayamaは2001年にPlan Do Seeに加盟し、同社の拡張の不可欠な部分でした。彼の最初の5年間は、京都の会場のレストランサービス従業員として過ごしました。笹山は引き続き昇進した。彼は、レストラン・クオリティ・コントロールのディレクター、プラン・ド・シーズのニューヨーク市で初めてのレストラン、そして最近では全社の人事部長を歴任しています。

佐々山チームは、日本の偉大な拠点(2015年10位)、日本経済新聞社(2015年4位)、日本最大の求人(2014年に3位)。

2015年春、ロサンゼルスに本拠を置くCulture&Essenceのマネージングディレクターとして米国に移住しました。 Plan Do See Americaの文化と多様性プログラムを推進することを任されています。

日本の神戸で生まれたササヤマは、サッカーで育った。大阪大学経済学部卒業。


マークポーラード|エグゼクティブ・チーフ

シェフMark Pollardはペンシルベニア州の田舎で育ち、ドイツの母親から早い時期に料理の基礎を学びました。彼はキッチンで大学に通い、政治学を学んだが、卒業後すぐに彼の情熱が料理のためであることが分かった。

ポラードはサンフランシスコのレストランで彼のスキルを洗練しましたが、スタンダードホテルハリウッド、パーカーパームスプリングス、モンドリアンアジアデキューバなどのブティックホテルでニッチを見つけました。

Plan Do Seeに参加する前は、中東でコンセプトを発表した国際的なホスピタリティコンサルタントであり、最近ではJose AndresのThink Food Groupのコンサルタントでした。


グレッグバーナード| CHEF DE CUISINE

シェフのグレッグ・ベルンハルトは、カリフォルニアの農場からテーブルへの動きの最前線にいます。彼の豊富な経験には、Neal Fraser at GraceのSous Chef、ミシュラン750mlと高評価の教会と州のオープニングシェフに相談するシェフが含まれています。

BernhardtはLudovic Lefebvre、Alain Passard、Marc Meneau、Dominique Crennなど、業界で最高の才能の一部と一緒に料理をしています。

彼は現在、妻と娘と一緒にLAに住んでいます。


ナステンナント|事務局長

ナッシュテナントは、カリフォルニア州の主要なホテルやイベント会場で働いていたプラン・ド・シーズのロサンゼルスのホスピタリティ専門家です。

2007年、テナントはスターウッドホテル&リゾートで彼のキャリアをスタートさせ、ウェスティン・パサデナの運営と購入を監督しました。数年後、テナントはWハリウッドホテル&レジデンスの開業と成功を支え、バンケットとケータリング、ルームダイニングとミニバーの運営を行った。最近、テナントは有名なベルエアーベイクラブの宴会運営担当ディレクターを務めました。

オモテナシのテナントの練習は、彼の同僚を故意に笑わせます。彼は、真剣な「ジョーク・オブ・ザ・デイ」でスタッフ会議を始めることで知られています。テナントはミシガン大学を卒業しました。