MIAMI

Mahmoud-Abousalem.jpg

取締役社長

片桐輝明は日本で生まれ育った後、NYUで食品管理を学ぶためにニューヨークに移住しました。

卒業後、Katagiriは東京のレストランでバスボーイとしてのキャリアを始めました。 2003年、Plan Do Seeに加盟し、有名なHanezawa Gardenのサーバーとして参加しました。そこでは、1年間で、彼はゼネラルマネジャーに向かって仕事をし、彼の経営の下で、レストランは東京で最も人気のあるものの1つになりました。

カタギリは2008年にスタイル福岡のホテル経営者に、2010年にパシフィックハウスのレストランマネージャーに、2011年にはオリエンタルホテル神戸のゼネラルマネジャーになり、プランド・ド・シーで引き続きマークをつけました。

現在、Katagiriはマイアミに住み、サウスビーチの新しいStanton Hotelでレストランの開発を指導しています。


Reina-Matsuo.jpg

レイナ・マツオ|ウェディングディレクター

松尾玲奈さんは、カリフォルニア州とテキサス州で青少年を過ごしてから、慶應義塾大学に入学しました。 2010年、卒業後、松尾は計画ドール・シェアに参加して以来、彼女は一生懸命働いています。

松尾さんの初年度は、国際旅行業界のマーケティングと販売を学ぶ企業セールスに焦点を当てました。

その後、彼女は結婚式の販売と調整に専念していました。彼女は200人近くの夫婦と結婚しています。

松尾は2015年にPlan Do See Americaチームに参加し、同社の米国結婚部門を立ち上げる予定です。


Masa-Kubo.jpg

マサツククボ|日本料理エグゼクティブチーフ

シェフの久保雅嗣さんはイタリアのシェフとして18歳でキャリアをスタートしました。 20歳で、彼は本当の環境で愛した料理を作るためにイタリアに行った。

25歳で日本に帰国したシェフ・クボーは、プランド・ド・シーズに参加し、キッチンの監督者、サーバー、ウェディング・プランナーをはじめ、数多くの地位を築いてきました。

2012年、久保は400年の歴史を持つ日本の名古屋で最も古い日本食レストラン「羊蹄川連」のシェフになりました。プラン・ド・シーは、2011年から非常に本格的で伝統的なレストランを管理しています。シェフ・クボーはマイアミに日本料理の真正性と伝統をもたらします。